ワークショップ

多肉ワークショップ 2020年10月14日

今日は自宅の庭小屋デッキで多肉のワークショップ❣️ 以前カルチャーセンターの講座に来てもらっていた皆さんです。「久しぶりですね〜❗️」の笑顔から始まりました.

実は春にワークショップの申し込みのお話をもらっていたのですが、ちょうどコロナ感染の影響大になった時期と重なり延期にさせてもらっていたのです。それがようやく今日開催できることになりました。

今日もお天気がとっても良く秋晴れの爽やかな日。庭小屋の中ではもったいないので朝からテーブルをせっせとデッキに運び出します。青空の下で多肉作業は最高ですよね〜☀️

さてさて、今日の作品は鳥小屋の方とウッドバスケットの方、それぞれのテーマで作業をします。

皆さん久しぶりの再会ゆえマシンガントーク?で大変盛り上がるのですが、さすがは講座の元生徒さん、手慣れていらっしゃるだけに作業はとてもスムーズに運びます。

木部塗装の際、縦横バラバラに刷毛を動かしたため塗装のムラムラができてしまった事も「あらあら、◯◯◯さんらしいわね〜」って大笑い❗️ 皆さんお互い気心知れているので盛り上がります。

そして、ステンシル作業。

皆さんそれぞれどんな鳥小屋に仕上げたいのか、ステンシルシートも手抜きせずに選ばれました。かわいいキュートなもの選ばれていましたよ〜♪

ステンシルでの塗装は刷毛に塗料を付けすぎるとベタっとなり、シートから塗料がにじみ出てボヤけてしまいます。なるべく塗料はほんの少しにして付くか付かないようなぐらいでトントンするのがコツなのですが、久しぶりの作業で皆さん苦戦されていました💦

ですが、出来上がったステンシルを見て「かわいくできたわ〜」の声でホッと一安心。

さてクラフト作業が終われば寄せ植え作業になります。

皆さんはご自宅で仕立て直しをされているので、あ〜でもない、こ〜でもないと多肉の苗を仮置きして、バランスを見てはじっくり時間をかけて植えられました。

そして、出来上がり〜♪
せっかくなので撮影も映えるところで撮りましょう❣️ 青空もぜひ入れたいですよね。

皆さんのお話を伺うと、日常でも多肉植物を大切に育てられ和まれている存在であることをお聞きして嬉しく思いました。

今日は皆さんと久しぶりに再会、そしてワークショップで楽しんでいただき、多肉を通して交流できることがつくづくありがたいと実感しました。早くコロナの心配が無くなって気兼ねなく集まれる世の中になると良いですね。

-ワークショップ

© 2021 *puk*mintな気分